【ライター講座】薬事法って何?安全&潰されないブログサイトを作る方法


 

 

gahag-0039942793-1

こんにちわ、MINTOです。

2016年秋頃、Welq問題がありましたね。個人サイトを運営中の方も「もし、自分のサイトがそうなったら・・」と想像するとちょっぴりヒヤッとした方も多かったのではないでしょうか?

わたし自身は特に各サイトの心臓部分を作り出すライター活動を行なっているので、契約先の会社のサイトを自分のせいで潰してしまうことのないよう、これまで以上に執筆作業に励まなければいけない!と身を引き締めるための良い機会となりました。

そこで今年から対策の一貫として【薬事法】について学びを深めながら記事作成を行っています。薬事法とは一体何なのか?最近学んだことについてシェアしていきたいと思います。最後までどうぞお付き合いください。

薬事法の目的について

目的は、「医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、医療上特にその必要性が高い医療品及び医療機器の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ること」にある(1条)。この趣旨に基づき、行政の承認や確認、許可、監督等のもとでなければ、医薬品や医薬部外品、化粧品、医療機器の製造や輸入、調剤で営業してはならないよう定めている。

目的は上記のようになっていますが、ライターとして記事を納品する際実際にどういった対策を行えば良いのか?、これだけではいまいちピンとこない・・という方がほとんどかと思います。下記項目にて、具体的にチェックしていきましょう。

【薬事法】ブログ記事作成時やライター活動を行う上で気をつけるべきこと

こんなキーワードに気をつけて!!

web-designer-sketching-a-wireframe-layout-ideas-in-a-notebook-picjumbo-com

例えば化粧品・サプリメント・健康食品系の記事を作成する際、

・アンチエイジング効果に期待できる

・ダイエット効果を実感できた

・便秘が解消した

上記のような「効果」「解消」キーワードってよく使用しますし、むしろ無ければスムーズに記事を書けないものですよね。しかし、これらの効果・解消という直接的(これを使うことで治ったよ!というストレートな言葉)な表現はすべて薬事法で禁止されているキーワードなんです↓便秘という特定の部位・症状に関わるキーワードも×

〜気をつけるべきキーワード一覧〜

・改善

・即効性

・強力

・抗酸化

・酸化

・作用

・アンチエイジング

・冷え

・疲れ

・疲労

・回復

・解消

・向上

・たるみ

・効く

・活性化

・機能向上

・治す

・増進や増強

・整腸作用

・作用

健康食品や化粧品、ダイエットサプリメントに関する記事を作成する際、上記のようなキーワードを使用しないよう注意すべき必要性があります。経験がある方はご存知かもしれませんが、薬事法に関する表現に行き詰まってしまうと、「じゃあどんな言葉で記事を作成すればいいの??」「もう、無理・・!!(><)」ってなるものですよね^^;(笑)

しかし、薬事法を克服するには以下のようなコツさえ押さえれば意外とスラスラ書けるようになるのでご安心を!

薬事法に沿った記事を作成する方法

girl-checking-tumblr-on-her-macbook-pro-picjumbo-com (2)

言葉のバリエーションを増やすこと〜むくみ編〜

例えば、むくみを和らげるサプリメントについての紹介記事を書くとしましょう。まず、「むくみ」という言葉がアウトです。(私も初めて知った時、「え・・!?それも?」てびっくりしました(笑)薬事法ってすごく厳しいんです。)

対策としてはむくみの代替え表現やむくみへの効果に関する代替え表現を覚えるなどして言葉のバリエーションを増やすことが大切です。

<むくみの代替表現>

・顔のパンパン

・足のむくむく

・すっきりしない

・足がずどーんと重くなる

・靴がきつきつ

・パンパン対策

<むくみに”効果”があると伝える際の代替え表現>

・すっきり感をサポート

・めぐりをサポート

・毎日の元気を応援

・ぱんぱん足とさようなら

・すっきり感に期待

上記のような形で言葉のバリエーションを増やしつつ、どこか遠回しだけど確実に「わかる」表現を使用するのです。こちらのするるのおめぐ実というサイトを見てもらえばなんとなくおわかりいただけるかと思いますが、「パンパン」「すっきり」といったキーワードを【むくみ】の代わりに使用していますよね。

するるのおめぐ実公式サイト

特にWelq問題後はこういった感じで薬事法に厳重注意しながら運営している通販サイト〜企業運営中のブログサイトが増え始めている傾向にあります。

また、今回紹介したむくみだけでなく美白に関する商品についても「シミを見えにくくする」「ワントーン明るいお肌を演出」といった表現をする必要性があります。ほかにも便秘などのキーワードも「お腹のパンパン」などの表現に変えなければいけませんし、更にはアンチエイジングなども…覚えることは山のようにあります。

わたしは普段薬事法向けの言葉のバリエーションを増やすべく、下記URLのようなサイトをいつも参考にしているのでこちらも合わせて参考にしていただけたらと思います。一気に暗記すると大変なので毎日少しずつでも目を通していくと良いでしょう。

薬事法表現のOK・NGフレーズ集

「効果」・「解消」・「改善」という言葉は存在しない!と思い込む

言葉のバリエーションさえ増やせばうまく記事を作成することができますが、わかっていても慣れないうちは「難しすぎる!!”効果”って言葉をいっその事使いたいんだけど・・(><;)」と頭を抱えてしまうものです。

強行突破的な方法ですが、私の場合はもう「効果」・「解消」・「改善」という言葉はこの世に存在しないと思いこみながら記事を書いています^^(笑)そんなことで上手くいくわけないと感じたかもしれませんが、実際にこの方法で作成してみるとこの思いこみが結構良いみたいで代替え表現をうまく自分なりにアレンジをきかせたり、暗記しながら少しずつ意識的に覚えていくようになりました。

是非、「思いこみ法」も合わせて実践してみてください。

まとめ

今回こちらでは【ライター講座Vol.1】薬事法って何?安全&潰されないブログサイトを作る方法をテーマに解説させていただきました。

中小企業や個人サイトのクライアントさんですと「効果」「改善」といったキーワードを使っても構わないという方もまだまだ多いのですが、より質の高い記事を求める大手企業になると薬事法への厳しいこだわりがあるクライアントさんも以前に比べると増えている傾向にあります。

「知らなかった!」「意味がわからない!」のままいると今後依頼があった際も期待に添えられないまま、何かしらのトラブルを起こしてしまう可能性も有るので、今のうちにどんどん薬事法について学びを深めていただけたらと思います。

何かご質問等あればお気軽にメールやSNSにてご連絡ください。

ノマド女子MINTOの無料メールマガジンはこちら

mintolp5

 

〜質問・お仕事のご依頼はこちら〜

Twitter♡Followme

サブコンテンツ

TOP