絵本作家のぶみさんから学ぶヘタくそでも純粋にがんばり続けることの大切さ【情熱大陸出演】


 

%e3%81%ae%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%bf%e3%81%95%e3%82%93

こんにちわ、ノマド女子のMINTOです。

2016年11月13日放送の情熱大陸に絵本作家の『のぶみ』さんがピックアップされ、昨夜わたし自身非常に心打たれましたので当サイトでものぶみさんから学んだことについて皆様にシェアさせていただきます。

絵本作家とノマドワークは一見関係性がないように思えますが、実はマインド面や作業面において強くリンクしているところがあります。

ノマドに興味がある方or現在実践中という方は人生観や仕事に対する想いが”ガラッ”と変わると思いますので、最後までご覧いただければと思います!

絵本作家のぶみさんから学ぶヘタくそでも純粋に頑張り続けることの大切さ。

lgf01a201309102200

1ヶ月で10万部、累計出版数53万部売れた代表絵本作品『ママがおばけになっちゃった』を手がけた絵本作家、のぶみさん。

実は情熱大陸放送より以前、朝の情報番組にて『”ママがおばけになっちゃった”を実際に親子が読んでみたらどうなるか』という実験的取材を拝見したことがあるのですが、絵も大変かわいらしく、ストーリー的にも大人が楽しめるものがあり、普段から手書きイラスト好きのわたしにとって非常に印象深い絵本作品の一つでした。

のぶみさんは38歳のアラフォー男子、外見はまだ大変お若く白いロンT×ピアス×リュックとどこかバンドマン風の雰囲気があるイマドキの男性です。

情熱大陸が放送されるまでは、てっきりわたしはのぶみさんは女性の作家さんかな?と思っていたので、『のぶみさんって男性だったんだ!』、とのぶみさんが手がける作品は繊細かつ母性溢れる作品な分、大変衝撃的でした。

・・・衝撃はまだまだ、終わりません。(笑)

のぶみさんは子供の頃、名前が”女の子みたいだから”、”クリスチャンだから”という理由で同級生にからかわれたり、時には死について考えたりと大変辛い時期があったそうです。

その後は地元のチーマーの総長になるなど不良少年として青春時代を送った結果、両親との距離・縁はどんどん遠ざかってしまったとのこと。

しかし、様々な困難を乗り越えて出会ったのが現在の奥さん。

奥さんが『実は絵本がすきで』という言葉に『僕、絵本かいてる!』と思わず発したことをきっかけになんと2年間もの間で600冊の絵本を製作したそうです!

その後、7年間売れない時期が続いたものの懸命に頑張り続けた結果、今ではこのように地上波のTV番組に取り上げられる程、現在大注目の男性絵本作家として成長していらっしゃいます。

のぶみさんが7年間の下積み時代を経て成功した理由とは?

のぶみさんの成功の秘密。

それは情熱大陸で取り上げられていたのぶみさんの作業風景・仕事ぶりから感じ取ることができました。

イメージを明確化する

tulip2

新しい絵本の主人公はピンク色のチューリップの”プー”ということで、よりイメージを深めるべくお部屋に本物のチューリップを飾っていらっしゃいました。

まず最初に何を書くか考えていくそうですが、”ころんでもたちあがる”など自分自身の感情・言葉をどこか本能的に一つ一つノートに書き上げます。

そこから絵本のストーリーを組み立てていくという流れを製作にはいる前に行っているそうです。

ロングセラー作家=成功者の秘訣を日々研究している

cimg6054

 

また、普段から本屋めぐりを習慣化しているそうで常に本屋に並んでいるロングセラー作品を開いたりと研究を欠かさず行っているとのこと。

のぶみさん曰く世の中に出版される絵本の数は膨大な分、本屋にいつく作品に育てることは本当に大変なことということでした・・!

のぶみさんの研究心や努力はこれだけではありません。

例えば新作の土台を書き終えたら各地の待機児童施設にて読み聞かせを繰り返し、子供・母親の反応をリサーチするという取り組みを行っているそうです。

20回、30回となんどもリサーチを繰り返し、その数総じて数千人・・並大抵の努力ではありませんよね。

また、待機児童施設の保育士さんに読ませるのではなく、のぶみさん自分自身で読み上げるという点はとても印象的でした。

絵本作家のぶみさんの公式HP

 のぶみさんからMINTOが学んだこと

th_shutterstock_254785363

ここまでは昨夜の放送を見逃した方のためにも、情熱大陸の放送内容についてまとめさせていただきましたが、わたし、MINTOがのぶみさんから学んだことや、ノマドビジネスを行う上で皆さんに大切にしていただきたいことについてお話ししていきたいと思います。

①初心を忘れない

のぶみさんの作業風景を拝見していると、まるで今日から絵本製作にチャレンジし始めたばかりの少年のような眼差しといいますか。

何度も書いては捨て、何度も書いては捨て。

素人のわたしからすれば大変かわいらしいイラストに対しても『へたくそだな〜!』と自分自身へストイックに駄目出しを行っていらっしゃいました。

また、『ママがおばけになっちゃった』は累計総数53万部以上売れ、人気絵本作家として成長しているものの、自ら児童待機施設へ足を運び、読み聞かせを行っている点も”初心を忘れていないから”こそできる仕事なのではないかと思いました。

ノマドビジネスにもこの点は共通していて、一度月収100万円や1000万円といった高収入を得たとしても次のステージへ上がるべく、日々初心者的心構えにて作業・インプットに取り組む姿勢を行っている方こそ本物の成功者になるためのポイントなんだなと日々感じています。

収入が上がっても、知名度が上がっても、自分の理想のライフスタイルを実現したとしても、”絶対に調子に乗ってはいけない。”

これは非常に大切なことです。

もちろん、わたし自身も今後とも初心を忘れることなく”長期間”ノマドライフと向き合っていきたいと感じています。

②下手くそでも続けることが大切。

好きな女性に振り向いてもらうべく、始めた絵本製作。

全くの初心者だったのぶみさんの作品は7年間なかなか注目を浴びることなく、残酷にも時間だけ過ぎる一方でしたが、そういった状況にも関わらずのぶみさんは何十、何百冊もの絵本の製作に取り組んでいらっしゃいました。

最初は売れなくてもいい、下手くそでもいいからとにかく頑張り続けること。

これがのぶみさんの成功の秘訣なんだとおもいます。

わたし自身の話で申し訳ないんですが、わたし自身も実は以前メルマガに初チャレンジした際、たった7〜8通分のメールを作成するためになんと半年間もの期間がかかってしまいました^^;(笑)

(その時のことを、メンターであるノジー氏との対談『自由人ファイル』でも語っています。)

わたしが東京から九州へ帰省後、勤めていたパート先はいわゆるブラック企業で、時には『もうこのまま逃げ出してしまいたいな』と考えてしまうほど、どんよりとした気分にて最悪な1日を過ごすこともありました。

そんな中でも絶対にメルマガ製作は辞めたくないなと思っていましたし、意地でも道を切り開いていくぞという想いでいっぱいでした。

lgf01a201307090400

最初は言いたいことは支離滅裂。文章構成もグチャグチャ。

今考えても恥ずかしいくらい、”下手くそ以下”だったと思います・・!(笑)

それでも続けていった結果、あの時想像もしていなかったのですが今ではコンサルティング業務と合わせてWeb×ノマドライターとして完全ノマド化まで結びつけることができました。

今では平日など曜日・時間気にせず地元でお気に入りのスパに足を運んだり、母をディズニーシーに連れて行ったり。

こういった自由なライフスタイルを築くことができたのも全て”過去の自分が届けてくれたプレゼント”だと感じています。

誰だって初めて取り組むことは下手で当たり前です。

今日から絵を描き始めたとして突然ピカソのような絵は描けませんし、今日から映画監督を目指したとして突然リリィ・シュシュの全ての監督である岩井監督のような作品を作れるわけではないんですよ。

『ブログを書いててどうしてアクセスが上がらないんだろう?』

『メルマガを書いててどうしてうまく言葉がまとまらないんだろう?』

悩んで当然です、スタートしたばかりなんですから。

人間はノマドに限らずトライ&エラーを繰り返していくことで大切なものがなにであるか徐々に見えていきます。

へたくそでも最初は結果が出なくても辞めないことが大切。

これは絵本作家である、のぶみさんから昨夜また改めて学んだ重要なマインドセットでありました。

まとめ

shutterstock_147370178

今回は2016年11月13日放送の情熱大陸に出演した絵本作家、のぶみさんから学んだことについて当ブログにてシェアさせていただきました。

・初心を忘れないこと

・下手くそでもいいから続けること

これってよく言われていることかもしれませんが、なかなか簡単には出来ないことですし、わかっていながら誰もがフェイドアウトしていく部分なんですね。

簡単にできない部分をきちんとやっていけばライバルとの差別化を行ない、理想のライフスタイルを築き上げる重要なきっかけへと結びつきますので是非、当記事をご覧のあなたはこのマインドを忘れることなく日々の作業・ご自身の生活面において活かしていただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ノマド女子MINTOの無料メールマガジンはこちら

 LP17-1

〜MINTOの連絡先はこちら〜

Twitter♡Followme

サブコンテンツ

TOP