【中性的な『オネエ脳』でビジネスを成功させる裏技】男女の脳の仕組みとビジネスの関係性について解説


脳

頭脳はネットビジネスにおいて大切な商売道具の一つ。

基本的な考え方や突然思いついたアイデア次第で収益が一桁・二桁と劇的に変わる世界であります。

教材やメルマガを徹底的に読み漁り、成功者の考えを頭脳へ一気にインストールすることで、自分自身のマインドを鍛え上げたり、基本的な考え方を変えることが可能ですが、最近個人的に大きな気づき・発見があったので当ブログにて今回シェアしたいと思います。

それは成功者の大半が中性的な『オネエ脳』を持っているのではないか、という持論です。

オネエ!?と吹き出した方も多いかもしれませんが^^(笑)

商売道具を磨きあげるためにも、重要な所となっていきますので是非最後までお付き合いください。

オネエブームが終わらない本当の理由とは?

毎年続々とオネエタレントが芸能界デビューしたりとオネエブームが益々終わらない日本。

最近では完全なるオネエではなくてもオネエ風口調のりゅうちぇるさんも大人気ですし、どこのチャンネルにもオネエ系タレントの方が必ずゲストorメイン司会として登場していますよね!

どうしてこんなにもオネエが人気なのか個人的に分析してみたところ・・

もちろん個性があって面白いということも大きな要因の一つとなりますが女性脳と男性脳を半分ずつもっているため、女性からも共感を得やすいですし、男性からも共感を得やすい発言・行動が多いからこそたくさんのファンから支持を得ているのではないでしょうか?

例えばマツコさんやミッツマングローブさんは男性的な目線で鋭く論理的にトークを繰り広げるかと思いきや限りなく女性目線に近い感情的かつ繊細なトーク内容に切り替えていく印象があります。

また、オネエタレントの方には起業家としても成功している方が多いですよね!

最近でははるな愛さんが三軒茶屋にありますA.gardenなどの飲食店を4店舗経営している他、メイクアップアーティストのIKKOさんは数多くの化粧品会社とコラボしていたり、自分自身でもPeachDollというコスメショップを経営されています。

特にはるな愛さんはあれだけ芸能活動が忙しいにも関わらず材料選びの際は毎回自分自身で市場に足を運んだりとビジネスに対して人一倍ストイック!

先日その姿がTVで放映されていたのですが、『おざーす!(おはようございまーす!)』と市場のおじちゃん達へ挨拶する姿はまさに男性そのものでした・・!(笑)

中性的なオネエ脳になればなるほどバランスよく行動・発言することができることからビジネスの場でも大いにフル活用できるのではないか、と。

実際にわたしのメンターであるノジーさんも男性的な考え方と合わせてバランス良く女性脳に近い考え方をどこか兼ね備えているからこそ、現在DLメンバーにはネットビジネス界では超!異例といわれる多数の女性メンバーが在籍中です。

自分自身のファン・お客様の数を効率よく増やすためには男性・女性からも支持を受けやすい中性脳になることがビジネス成功のポイントではないか?と感じております。

男性脳と女性脳の仕組みの違い&ビジネスとの関係性について

そもそも男性脳と女性脳の違いって何なのかイマイチピンと来ない方も多いと思いますので、男性脳と女性脳の仕組みの違いについて特徴をまとめていきたいと思います。

【男性脳の特徴】

  • 決断力・直感力に優れている
  • 他人の感情を読み取るのが苦手
  • 論理的に物事をとらえやすい
  • ひとつのことにしか集中できない
  • マップを素早く理解することができる

【女性脳の特徴】

  • 喜怒哀楽がはっきりしている
  • 感情の情報量が多い
  • コミニュケーションが上手
  • 複数のことを同時にできる
    (おしゃべりしながら仕事ができる)
  • 感情的になりやすい

このような特徴があると言われています。

特徴をみてわかるようにビジネスを実践する上で、片一方の頭脳だけで勝負するとなると・・少し厳しいものがありますよね(笑)

特に完全なる女性脳の方ほど感情的に動いてしまったり、比較的恋愛体質・恋愛脳な方が多いですから、仕事よりもおしゃれや女子会を楽しんだり、仕事へなかなか没頭できずに遊びや恋愛中心の生活を送っている方が多い印象を受けます。

(もちろん婚期が早まるので決して悪いことではありません!笑)

しかし、ビジネスを成功するとなると感情に揺さぶられることなく論理的に物事をとらえる男性的な強いハートが必要、ということです。

逆に100%男性脳だとしてもコミニュケーションが下手だったり相手の感情を読めなければ『肝心なところ』で失敗する可能性もありますので女性脳へと改善させる必要性があります。

『じゃあどうすれば男性脳(or女性脳)になれる?』という方のために以下にて改善策を提案させていただきました^^

バランス良く理想の脳を作り上げるためにも是非参考にされてください。

女性脳・男性脳の見分け方とは?

まず、あなた自身がどちらの脳みそを持っているか”客観的”に知る必要性があります。

『自分はこっちの脳だろう』と思っていても他者からすると実際には違うことも多いですからね。

その”客観的な見分け方”なのですが・・なんと『指の長さ』で脳の性別を見分ける方法です^^

・薬指が人差し指より長い→男性脳

・人差し指が薬指より長い→女性脳

たったのこれだけです(笑)

なぜ指の長さで脳の構造を見分けることが有効的であるかといいますと、母親のお腹の中で胎児が男性ホルモンをたくさん浴びることで薬指が人差し指よりも長くなり、逆に胎児が少ない量の男性ホルモンしか浴びないと人差し指が薬指よりも長くなるということを1988年イギリスの心理学者も発表しているからです。

(※もちろん、人間の脳は生まれてから大人になるまで数え切れないくらいの情報がインプットされていくものですし、指の長さ的には子供の頃から男性脳的指の長さだとしても今は考え方が丸々女性的な脳へ変わってしまった!という方もいるかと思いますのであくまでも参考までに。)

理想的な中性脳の作り方について

さて、次は女性脳・男性脳になる方法について解説していきますがホルモンバランスを意識的に変えることで女性脳は男性脳へ男性脳は女性脳へ限りなく近い形にて改善することが可能です。

有効的な手段としては生活習慣の改善や食生活に鍵があると言われています。

〜男性脳になるための生活習慣や食べ物〜

男性脳になるにはテストステロンというホルモンを増加させる必要性があります。

テストステロンを増やすためには

・体重減量(ダイエット)

・激しい運動

・質の良い睡眠

・ストレスを減らす

などなど、このような対策が有効的であると言われています。

食生活としては炭水化物・砂糖を控えるほか、亜鉛(牡蠣)・アミノ酸(肉類や卵)・ビタミンD(干し椎茸)を積極的にとることでテストステロンを増やすことができます。

食事で補えない分はサプリメントなどバランス良く活用すると良いでしょう

〜女性脳になるための生活習慣や食べ物〜

女性脳に近づくためにはエストロゲンというホルモンを増加させることがポイントの一つとなります。

こちらも男性脳への改善法と同じくまず大切になるのは規則正しい生活習慣と良質な睡眠を心がけることからはじまりますが、1番注意していただきたい点としては”過度なダイエットは避ける”ことです。

女性ホルモンはコレステロールから作られますので過度なダイエットを行ってしまえば女性ホルモンの量が急激に減ってしまい、様々な病気を引き起こす原因にもつながってしまいます。

女性脳へと改善したい方は体重の維持or”適正体重内”の増量を心がけましょう。

また、女性ホルモンを増やすために有効的な食事としては納豆や豆腐などの大豆製品です。

大豆製品に含まれている大豆イソフラボンを摂取することでエストロゲンの作用を強めると言われていますので女性脳へと改善したい方は大豆製品を積極的に食べることをお勧めいたします。

もちろん、健康維持のためにも肉・魚・野菜等もバランス良く食べることを心がけましょう。

まとめ

今回は脳の構造とビジネスの関係性について解説させていただきましたがいかがでしたか?

もちろん、今回は持論を織り交ぜながらお話していますので100%当たっているとは限りませんが、普段起業家の方・コミニュティに所属中のメンバーと接していて毎回感じるのは女性的な面と男性的な面を両方持っている方はビジネスを実践する上で ”本当に強い”ということ。

精力的かつパワフルな男性的マインドと繊細なる気配りができる女性的マインドを兼ね備えておけばネットビジネスに限らずリアルビジネスでも間違いなく成功につながりやすいと思いますので、是非当記事を参考に理想的な中性脳を築き上げてみてくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

〜MINTOの連絡先はこちら〜

LP17-1

ノマド女子MINTOの無料メールマガジンはこちら

サブコンテンツ

TOP