元マッキンゼー、赤羽雄二さんから学ぶ”スピード”の大切さ

元マッキンゼー、赤羽雄二さんから学ぶ”スピード”の大切さ


 

赤羽

(※当記事は7月20日配信のメルマガから抜粋後、一部編集しております。)

 

こんにちわ、おもちゃ箱の住民兼ノマド女子のMINTOです。

全国的にようやく梅雨も明け、さらに暑い夏を迎えようとしていますが

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

わたしはというと、最近はカフェ巡りならず”家カフェ”にハマり

明太クリームパスタやアボカド創作料理を食べつつ

Macbookと共に日々ノマドワークを実践中です。

 

理由はとてもシンプルなんですが・・

恥ずかしながら1分でも

クーラーの当たる涼しい場所(家の中)にいたいからです(笑)

 

・アクティブに行動したくなる春や秋はカフェ作業

・暑くて(&寒くて)家にいたくなる夏冬は在宅ワーク

と、こんなにも作業場所に融通が利くのはノマドワーカーだからこそ。

 

少し気持ちが早いかもしれませんが

夏が過ぎたら、今年の秋はポケットWi-Fi片手に紅葉の木の下での

ピクニック風作業もいいなあ・・とひっそり計画中です。

 

これからも四季折々かつ自分らしいスタイルにて

仕事に励んでいきたいものです!

 

それでは、本題に入っていきましょう。

 

『元マッキンゼー、赤羽雄二さんから学ぶスピードの大切さ。』

 先日別記事でも少しお話ししていましたが、

最近読書習慣強化中ということで図書館通いにハマっています。

 

”図書館通い”といっても図書館での滞在時間はたった3分程(笑)

 

わたしも最近知ったのですが図書館には無料予約サービスという

システムが導入されているそうです。

http://www.minto01.com/archives/1914

 

お手持ちのスマホやPCから気になる著書を検索し

予約しておけばお近くの図書館にて受け取り可能という大変便利な方法です。

 

図書館でお目当ての本を探す時って意外と1時間くらいかかるものですよね・・!

 

時間を節約し、『ノマドワークの時間へと少しでも回したい』方に

大変おすすめですので、当ブログをご覧のあなたも是非目を通してみてください。

http://www.minto01.com/archives/1914

 

さて、先月辺りから12~13冊程ビジネス書を読破してみましたが

その中でも特におすすめの本を今日は紹介していきたいと思います。

 

赤羽雄二さん著書の『速さはスピードを解決する』という本なんですが、

元マッキンゼー出身者ということでハイレベルかつ、意外と誰もが実践できそうな親しみのある内容でしたので

こちらでもいくつかその一部をわたしなりの考え方と織り交ぜながら分析&シェアしてまいりますね。

『メモ書きで誰でも頭は良くなる。』

赤羽雄二さんがマッキンゼー在籍時代から取り組んでいる

仕事のスピードアップ術としては

メモ紙に仕事の悩みや不安を4~6行、20文字~30文字程度の文章にて1日10ページ書くという方法です。

 

人は何かしら壁に衝突すると、

頭の中で『ああでもない、こうでもない』と誰しも考えてしまう癖があるものですが

”視覚的”に見えないからこそダラダラと頭の中で答えを追い求め続けてしまうのです。

 

しかし、一見なんともないシンプルな方法かもしれませんが

メモ紙へと自分の考えを全てアウトプットすることで

驚くほど頭の中はスッキリし、

自然と仕事もはかどりだす、と赤羽さんは書き綴られていました。

 

このメモ書き術なんですが、元アメブロユーザーの

わたしも共通する点が多々あるので”超納得”!!(笑)

 

最近はプライベートブログなど書く機会は薄れていましたが

仕事に対して1番悩んでいた原宿ショップ店員時代、

・どうすればもっと売上があがるか?

・どうすれば顧客さんが増えるのか?

・新しい節約術は何かないかしら?←(元ボンビーガール特有の悩み)

等々、仕事やプライベートにおいて自分が悩んでいることを

寝る前に500文字程度の短めの文章ではありますが

解決策を織り交ぜた上でブログを更新していたんですね。

 

もちろん、誰かの悪口でしたりあまりにもネガティブな発言をSNS上に

更新することはあなたの”思考力”にも

影響を及ぼすのでおすすめできませんが

『どうすればいいのか?』という不安を軸に更新することで

 

翌朝は頭がスッキリし、

 ・今日は仕事が不思議とはかどる!

・ プライベートの悩みもすっかり解決♪

といった嬉しい経験が幾度となくありました。

 

赤羽さんが”メモ書き”をおすすめするように、

人間は意外と不器用な生き物だからこそ

頭の中で考えるよりもメモ紙などへ”視覚的”にアウトプットすることで

仕事のスピートもアップし、脳の回転率も良くなるものです。

 

特に最近ではSNSは誰もが覗ける時代だからこそ

『自分だけが見たいシークレットな情報はメモで』

 というシンプルかつ原始的な方法が安全かつマストなのではないか、と思います。

 

『仮説思考』を大切に。

仮説思考とは、『いつ何があっても迅速に対応できる能力』のことです。

 

例えば、あなたが

コンビニスイーツの新商品企画者だったとしましょう。

 

・8月1日発売予定のイチゴロールのイチゴの材料がもし、足りなくなったら?

・目標とする売上をもし、達成できなかったら?

・もし、クレームが来たら・・!?

 

と、いつも通り仕事をこなしつつ

頭の片隅でも良いので ”もしも”のことを常時考え続けることで

事前対策を練り、失敗なくスムーズに仕事をこなすことができるのです。

 

失敗や二度手間を起こすことで

仕事のスピードは必然的にダウンしてしまいますから

仮説思考というのは常日頃から癖づけておくと良いでしょう。

 

朝・晩30分自宅で情報収集。

なぜ外出先やオフィスではなく自宅で行うべきかと言いますと

自宅が雑音などなく1番クリアな状態にて

集中して情報収集に取り組めるからとのことでした。

(もちろん、自宅にお子さんやペットがいる方は外出先が良い場合もあります)

 

リアルビジネスもネットビジネスもアウトプットなくしては

仕事は前に進んでいかないものですが

やはり上質なアウトプットを行うには日々のインプットは欠かせないものです。

 

最近では『グノシー』などのキュレーションツールにて

自分の興味がある単語を設定しておくことでメルマガ形式にておすすめの記事を

自動で紹介してくれるといった便利なツールもありますし、

ビジネス書を読書することでも良質な情報を収集することが可能です。

 

とにかく出勤前の朝と帰宅後の30分間

自分に合った方法にてインプットの時間を設けるようにしましょう。

 

30分間×2回=1時間毎日学びを深めることで

仕事のスピードはみるみるうちに早まっていくことでしょう!

 

今回は、赤羽雄二さん著書の『速さはすべてを解決する』から

わたしが特におすすめの項目&内容を当ブログにて

シェアさせていただきましたがいかがでしたか?

 

今日紹介した3つの項目以外にも大変役立つ情報満載でしたので

本屋さんや図書館に足を運んだ際は

あなたも是非読んでみてくださいね!

 

〜追伸〜

 今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

暑い夏が続いていますが、作業などは順調に進んでいるでしょうか?

 

五郎丸さんではありませんが、(笑)

作業がなかなか進まないときはやる気を出すべく自分なりのルーティーンというものが必要です。

 

わたしは夏に限らず寒い冬の日も”朝アイス”が自分なりのルーティーンです。

 

これは以前、Jr.女王である本田真凛さんも紹介していた

ルーティーンなんですが朝アイスを食べることで

 脳が活発化し1日中作業が順調に実践できるからです♪

 

当ブログをごらんのあなたは自分なりのルーティーンお持ちですか?

 

もしくは、これからやってみようかなと検討中の

ルーティーンがあれば是非わたしに教えてください!

 

返信を下さった場合、お礼として朝アイス以外のやるきUP法を特別にこっそり教えたいと思います^^

 

その他、わからないことがあればご遠慮なく

24時間受付中ですのでLINE@やメールにて質問されてくださいね。

 

それでは、失礼いたします。

管理人MINTOの連絡先(メール)はこちら

LP17-1

ノマド女子MINTOの無料メールマガジンはこちら

サブコンテンツ

TOP