iphoneを落としホームボタンがきかない時の対処法や修理法は?

iphoneを落としホームボタンがきかない時の対処法や修理法は?


ホームボタン きかない iphone 対処法 修理法 Assistive touch

こんにちわ、ノマド女子のMINTOです。

日本のスマホユーザーの中でダントツに利用者が多いのはやはりiphone。

わたしもiphoneユーザーの一人で、仕事と共にプライベートでもなくてはならない相棒のような存在であります。

そしてiphoneの体の一部である『ホームボタン』は1番押す機会が多いからこそ特に壊れやすい部分ですし、まだ壊れてない方にとっても『もし壊れた時はどうすれば・・』とちょっとした不安要素の一つだったりしますよね。

そこで今回こちらのページではiphoneのホームボタンがきかない(壊れた)時にできる対処法や修理法についてまとめてみました!

最後までどうぞお付き合いください。

まずはリセットをしてみよう!

『iphoneのホームボタンがきかない!』

大切な仕事道具であり、プライベートでも必需品のiphoneだからこそパニックになって慌ててしまうものですが対処法はいくつかあるので安心してください。

まずは以下の手順に従ってiphoneをリセットしてみましょう。

①何かアプリを開いた状態で『スライドで電源オフ』と表示されるまで電源ボタン長押しします

ホームボタン きかない iphone 対処法 修理法 Assistive touch

②電源ボタンから指を離し、ホーム画面が表示されるまでホームボタンを長押しします。

③ホームボタンが表示されればOK

※もしこれでなおらない場合はアプリが固まっているだけの可能性もありますので電源をオフして再起動させるという対処法もあります!

iphoneを落とした後ホームボタンがきかなくなった方へ

わたしの場合は、外出先でiphoneを落としたあと全くホームボタンがきかなくなったので最初は完全に故障!!と焦ってしまったのですがこの場合も大変良い対処法があります。

iphoneを落とす→ホームボタンがきかないという場合は大抵が『画面のズレ』からきかなくなるパターンが多いです。

①iphoneを横から眺め、ズレがあるか確認してください。

(ズレがあることでホームボタンが浮き出てしまい、接触がわるくなる為押してもきかなくなるのです)

②画面を割らない程度に軽く押し込み、『カチッ』と音がすればいつものように動くようになります。

 

画面のズレ確認、リセットや再起動で直らない場合は修理へ

 iPhoneをリセット、もしくは再起動しても問題が解決しない場合は、ハードウェアの故障が疑われます。

〜修理の流れ〜

①Appleのサポートページから製品(iPhone)を選び、「サービスリクエストとトラブルシューティング」を開きます。

「ボタンが機能しない」をクリックし、メールアドレスを入力する画面へ。

③届いたメールから、診断プログラムが実行できるので問題を判定することをおすすめします。

※上記の手順から配送修理、もしくは持ち込み修理(最寄りの アップルストアや正規サービスプロバイダ)を選択することが可能です。

修理にかかる料金は大体1万円台半ば、もう少しお安くする場合は修理屋さん(非正規店)で大体7千円くらいでホームボタンを直すことも可能です。

しかし、非正規店で直す場合はTouchIDが使えなくなる可能性が高いのであまりおすすめできません。

ホームボタンがきかない時の究極の対処法、Assistive touchが最強すぎる!?

iphoneのホームボタンがリセットしてもきかない、でも修理する時間も修理代もなんだかもったいない・・

『ああ終わった・・』と思いきや・・!?

実はiphoneの中にもともとはいっているAssistive touchという機能を使うことで簡単にホームボタンの代役をサクサクとこなしてくれるので是非時間と共に金銭的に厳しい場合は参考にされてください。

<設定→一般→アクセシビリティ>と進みます。

ホームボタン きかない iphone 対処法 修理法 Assistive touch

②アクセシビリティの中にあるAssistive touchをオンにしてください。

ホームボタン きかない iphone 対処法 修理法 Assistive touch

③画面上に四角いアイコンが表示されます。

④アイコンをタップし、下に配置されている『ホーム』がホームボタンの代わりとなります!

ホームボタン きかない iphone 対処法 修理法 Assistive touch

 

まとめ

今回は、iphoneのホームボタンがきかない(壊れた)場合の対処法や修理法についてまとめてみました。

Assistive touchを使うことでホームボタンの代わりになるほか、スクリーンショットも簡単に撮ることが可能になりますのでホームボタンが突然きかなくなってしまった方は是非とも参考にされてください。

Assistive touchをつかってスクリーンショットを撮る方法は次回の記事で紹介させていただきます。

最後まで読んでいただき、有難うございました!

 

サブコンテンツ

TOP