【熊本大地震】現役ノマド女子のリアルな体験記と無料Wi-Fi設置の避難所


体験記

こんばんわ、ノマド女子のMINTOです。

震災から5日目。

九州にお住いの方、そして熊本のみなさんは変わりなく無事お過ごしでしょうか?

実はわたしも熊本人ということで被災者の一人です。

電気も水が流れることも心臓が動いてることも・・当たり前のように普段、わたしたちは受け止めがちですが【当たり前は当たり前ではない】と改めて感じた震災体験となりました。

そしてわたしは現在情報発信者としてノマドワーキングをやっているからこそ、そしていつどこで起きてもわからない震災だからこそ、一人でも多くの方を救うべく今回こちらではニュースでは聞くことができないような『リアルな体験記』について語らせていただきます。

また、無料Wi-Fi設置中の避難所リストについても紹介しておりますので熊本県民の方は是非参考にしていただければ幸いです。

最後までどうぞお付き合いください。

【熊本大地震】現役ノマド女子のリアルな体験記

4月14日の21時26分頃。

わたしは一人リビングでテレビを見ながら友人とLINEでやりとりをしたり、Twitter・FBなどのSNSを眺める等いつもと何の変わりない”平凡なる”夜を過ごしていました。

 

『ドン!!!!』

 

突然地面から床を突き上げるような揺れから始まり、グラグラグラ!と家全体が揺さぶられるような、あの感覚。

そう、1度目の熊本大地震が発生した夜のことです。

どちらかといえばこれまでにも大きな災害が比較的少なかった熊本・・。

東京に住んでいた際、東日本大震災を一度経験していましたが、熊本では特に目立つような大地震が起きていなかったからこそ、わたし自身もどこか”油断”をしていました。

とにかく”冷静さ”を保ちながら必要なものをリュックにすべて詰め込み、広い駐車場に移動させた車の中へすぐに避難し『どうか夢でありますように・・』そんなことを考えながら不安な中、朝を迎えました・・

 

もちろん、初日から益城町を中心に家が崩壊する地域も多かったりと初日から不安な気持ちでいっぱいだったのですが、ほんとうに怖かったのは2回目の『本震』

 

4月16日午前1時台、不安な気持ちを抱えたまま熊本の人々がようやく寝静まった頃・・

まるで自然の神の怒りが大爆発したような・・もしくは目に見えぬ魔物が下から我が身へ襲ってくるような感覚。

そのくらい激しい揺れで、特にうちの地域は4月14日と比べ物にならないくらい恐ろしい地震でした。

14日に用意していた避難袋を背負い、我が家の猫を急いでカゴにいれて安全な場所へとすぐさま避難しようとしましたが、ひどい揺れだったので簡単に身動きする事は不可能だったりと、正直あの時ばかりは『あ、もうだめだ』と思いました。

正直、まだ今思い出すだけでも怖いです。

そして4月16日を境に本格的な断水がスタートしたり、停電・食料不足の他、各避難所ではオムツや生理用品などの物資不足が連日続きました。

もちろん、大変な状況の中にはいましたがわたし自身気持ち的には本当にありがたいことに、比較的元気な状態で過ごすことができました・!

なぜなら、たくさんのエールを頂いたからです。

例えば、LINEを通して福岡、宮崎、神奈川、東京都内に住んでいる友人らでしたりメンターやコミニュティのメンバー、TwitterやFB、インスタグラムでもたくさんの方からの応援メッセージが初日から今日まで頂いています。

改めて本当に皆様、有難うございます。

『あったかい人が多いな・・』『みんなと知り合えて良かったな』と心がとても温まりました。

自分が1番辛かった時に助けてもらえた人こそ本当にこれからも大切にしていきたいな・・と感じましたし、逆に何かあったときは私自身もそのときは応援したいと思いました^^

そして今の現状について。

もちろん、4月19日の現在も大変な状況が続いているのですが80%以上の家庭で断水解除、各地区のスーパーでも生肉・生魚が購入できるようになったりと少しずつ熊本の街に希望の光が見え始めています。

普通であればきっともう少し時間がかかるくらいひどい状況でしたが・・短い期間で熊本の街が復活しはじめたのは、これも全国の皆さんの支援があったからこそ、です。

【当たり前は当たり前じゃない】

このことを胸に明日からも自分が行うすべてのアクションに後悔がないよう、毎日を全力で生き抜いていきたいものです。

熊本の無料Wi-Fi設置中の避難所について

ノマドワーカーのわたしにとって重要な仕事道具といえばパソコンと共に『Wi-Fi』も重要なる仕事道具の一つなんですが、運良く今回の震災後も電波(Wi-FI)がいつもと変わりなく通っており、仕事もいつでも開始できる状態にいました。

しかしながら地区によってはルーターが完全に故障したりと全くWi-Fiを使えずに家族と連絡がとれない、仕事が出来ないなど大変な状況にいた方も多いはずです。

そこでこちらではくまもと無料Wi-Fiの設置場所と共に無料Wi-Fiを設置中の避難所一覧についてしらべてみました!

無料Wi-FI設置中の避難所一覧はこちら

上記のURLから無料Wi-FI設置中の避難場所を確認することができます。

SSID「00000JAPAN」の無線 LAN アクセスポイントとSSID「DoSPOT-FREE」等各避難場所にてSSIDが異なりますので是非そちらも参考にされてみてください。

くまもと無料Wi-FIサービス提供スポット一覧はこちら

上記一覧は避難所以外の無料Wi-Fiスポットとなっております。

今後震災が落ち着いてからも何かしら役に立つと思いますのでノマドワーキング実践者の方、もちろんくまもと県民の方全員、是非とも参考にされてみてください。

最後に

いつもは教育に近いブログ記事を更新しておりますが、今回は誰か一人でも多くの方のお役に立てればと思い、無料Wi-Fi設置中の避難所の紹介や自分の体験記中心に語らせていただきました。

4月14日、そして4月16日の二度の大地震を経験しわかったことは【生きること=死と常に隣り合わせでもある】こと。

もちろん生きていく上で何事もポジティブに考えるべきですが、自然災害や事故はいつ起こるかわからないからこそ是非このことは全国の皆様の頭の片隅にいれておいていただきたいものです。

わたしは今ノマド女子として自分の好きなことにチャレンジしながら生きているので、この道を選んで本当に良かったなと今回の震災を経験して改めて感じました。

何か新しいことにチャレンジすることは経験も年齢も関係ありません。

是非悔いのない人生となるよう明日からも色鮮やかなキャンバスを共に描いていきましょう!

最後まで読んでいただき、有難うございました。

ノマドワーカー 月収10万円 副業 ネットビジネス

ノマド女子MINTOの無料メールマガジンはこちら

サブコンテンツ

TOP