アドセンスブログで月収10万円稼ぐには1記事何文字必要?かかる時間は?


アドセンス 月収10万円 稼ぐ 1記事 何文字 必要 更新 時間 かかる

こんにちわ、ノマド女子のMINTOです。

今回はアドセンスブログで1記事あたりに必要な文字数はどのくらいか?

そして1記事更新するにはどのくらい時間がかかるものか?

この2点に注目しながら解説させていただきます。

こういった目安を把握しておくことで毎日の作業計画もずっと立てやすくなりますし、何より3ヶ月で月収10万円稼ぐ為には絶対に把握しておくべきポイントとなりますので是非最後までお付き合いください^^

アドセンスブログで1記事あたり必要な文字数は?

アドセンスブログで月収10万円稼ぐ為には1記事あたり大体『1000文字以上』は必要となっていきます。

しかし、こちらはあくまでも最低ラインであるということは必ず頭にいれておきましょう。

『そもそもどうして1000文字も必要なの?』と疑問を持った方も多いと思うので説明しますと100文字以上あれば検索上位に入りやすくなる、すなわちSEO強化対策になるということです。

また、ある程度文字数がなければグーグルから良質な記事であると認められることがありませんので「1つのコンテンツ」として認識してもらう為にも、そしてライバルとの差をつける為にも1000文字以上は書くことを心がけてください。

無意味な文章を避け、良質なコンテンツを作ること

また、『1000文字埋めよう』という意識に集中しすぎてブログの内容に関係ないことを書いて埋めようとする方も中にはいるものですが、基本的無意味な文章を書くことはNG!

グーグルから1つのコンテンツと認識されたとしても、結局のところ訪問者が楽しめるブログを更新しなければ訪問者は読んでいて途中で離脱→結局アドセンスの報酬もガクンと激減という結果になりかねません。

それではどんな対策を行えばいいかと言いますと、1000文字以上全て良質な内容を書く為にはまずは自分の興味がある分野から更新することをおすすめします。

自分の興味がある分野になると力も入りやすくなるのでより迅速に良質なコンテンツ作りを行えることが可能だからです。

わたしも自分の好きな分野になりますと、平気で1500〜2000文字近く書き上げていることが多々あります(笑)

アドセンスブログで月収10万円稼ぐ為には1日3記事が目安となりますから、<興味がある2:興味はそれなり1>といった割合で優先して更新していくと◎

もちろん、興味がない分野だとしても『このネタは絶対に爆発する』と感じた場合は積極的に検索エンジンから様々な情報を収集し良質なコンテンツ作りを行うという作業はトレンドアフィリエイターとして基本中の基本です!

とにかく数をこなしていけば自然とライティングスキルを高まっていきますので日頃からたくさんのブログ記事を更新していくことを心がけましょう。

記事構成と記事構成の文字数を把握しよう!

『1000文字』と耳にすると数字的にも『めちゃくちゃ多い〜』と不安になるものですよね。

しかし、これって事前に記事構成や記事構成の文字数を把握しておくことで意外とスラスラっとかけてしまいます♪

基本的にはこのようになっておりますのでこちらの構成で作業を進めていきましょう。

①冒頭<200文字>

ブログの紹介(登場人物やこれから話す内容)からスタートします

②見出し<300文字>

メインの内容(前半戦)

③見出し2<300文字>

メインの内容(後半戦)

④見出し3(まとめ)<200文字>

ブログの内容をまとめていきましょう

 

冒頭・まとめが200文字くらいでメインの内容が300文字、300文字。

アドセンスブログになりますと、このくらいの文字数・構成が目安となっていきます。

こういった構成を意識しながら書いていくと『次はこんな内容でこんな流れで〜』と自分の基礎リズムも整っていきますので是非こういったポイントもおさえておきましょう。

1記事あたりにかかる時間はどのくらい?

また、アドセンスブログを副業として実践する方にとっては一体1記事あたりどのくらい時間がかかるものか気になるところですよね。

アドセンスブログで1記事あたりかかる時間はどのくらいかと言いますと大体30〜40分。

このくらいが目安であります。

それから超初心者の場合、メインの文章よりもタイトル作りに大いに時間を要することが多いので、仕事から帰宅後・・結局1記事も今日は更新できなかった・・・

なんていう方も中にはいるかもしれませんので、そんな方のために1つおすすめの方法があります。

それは、電車の移動時間や職場の休憩時間でタイトルを決めておく、という『ながら術』です。

・<電車の移動時間中>LINEの返信やスマホゲーム→タイトル作りに専念

・<職場の休憩時間>ランチ後のプチ昼寝→タイトル作りに専念

こういった感じでうまく隙間時間を使いながらタイトル作りに専念し帰宅後すぐに記事作成にとりかかれるよう下準備をしておくのです。

大変効率良い方法となりますので是非初心者の方に限らずアドセンスブログを実践中の方は『ながら術』を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、アドセンスブログで月収10万円稼ぐには1記事あたりどのくらい文字数が必要か?

そして1記事あたりどのくらいの作成時間がかかるのか?

この2点について解説させていただきました。

先ほどお伝えしたように1000文字以上というのはあくまでも最低ラインとなっていきますので出来れば1200文字、1500文字と文字数を増やしながら良質なコンテンツ作りに励んでいきましょう。

※ただし、文字数を増やす事にこだわりすぎて記事の数が減ってしまった・・という場合よりも1000文字以上キープ・1日3記事キープと両立させる事でSEOはずっと高まりますのでこちらも一つポイントとして押さえておいてください!

最後まで読んでいただき、有難うございました。

 

サブコンテンツ

TOP